f:id:tbbokumetu:20171231223153j:plain

今回は産み分けの方法の1つであるタイミング法について書いてみたいと思います。

タイミング法と聞くと、妊活(赤ちゃんを作るため)と思いがちですが、産み分けにもとても重要な方法の1つです。

産み分けを希望するなら必ず実践すべき方法だといえます。

では、そのタイミング法について、詳しく紹介していきますね。

タイミング方法の基本と根拠

簡単に言うと

仲良しのタイミングを男の子希望、女の子希望によってずらす

ことを言います。

タイミング方法の根拠

なぜタイミングをずらすことによって、男女の産み分けが出来るの⁉と思いますよね。

そんな産み分け初心者の方はこちらで勉強してから戻ってきてください↓ちゃんと戻ってくるんですよ⁉(笑)
umiwakejerry.hatenablog.com

この記事の中に書いてあった、X精子Y精子の特徴の違い、

  • 生存期間の長さ
  • 数の多さ

に着目した産み分け方法なんです。

女の子希望なら排卵日2日前に仲良しを

女の子を作るための遺伝子を持つX精子

  • 酸性の環境で活発になる
  • Y精子より長生き

ということを以前の記事でお伝えしましたね。

ですので、この特徴を生かすことを考えると排卵日2日前の仲良しが最も効果的と言われているのです。

逆に言うと排卵日当日の仲良しは男の子ができやすいということ。

つまり女の子を希望している場合は、

  • 排卵日2日前に仲良しをすること
  • 排卵日当日の仲良しは厳禁

というルールを必ず守ってください。

あまり妊活に神経質になりすぎると女の子はできにくい

ここで私個人の体験談を紹介させていただきます。
私は女男女という順番で3人の子供を授かりました。

産み分けに挑戦したのは2番目の男の子の時。

女の子を妊娠した時は、排卵日も産み分けのことも何も考えていませんでした。

つまりは排卵日2日目などという細かいことを気にせずにおおらかに構えていた方が女の子ができやすい場合があるのです。

でもこれは私個人の場合に限ります。
個人的な体質も産み分けには関係してきます。それについてはまた後程書いていきますね。

女の子の産み分けの方が男の子よりも難しい⁉

女の子を狙うとすると、

  • 厳密な排卵日管理

が重要となり、排卵というもの自体が不確実なものなので、どうしても排卵日に振り回されやすいというデメリットがあります。

2日前だと思って仲良ししたら、排卵日当日だった・・・

というのもよくある話。

また逆に排卵日予定の日に排卵が起きず、結局1クール無駄にしてしまったというケースも起こります。

このように男の子よりも、女の子の産み分けの方がとても大変なのが現状なのです。

男の子の産み分けのタイミング

では男の子希望の場合の産み分けのタイミングはどうなのでしょうか⁉

  • 排卵日前日か当日の仲良しが大切

ということがポイントですね。

よく女性が気持ちよくなることが産み分けに影響するとか書いてありますが、そんなことは私は別に重要だとは思いません。

逆にそんなところで、お互いにストレスを感じていたら、妊娠自体が出来なくなってしまう恐れがあります。そこまで頑張るくらいなら、他の出来る方法を試して行った方がいいと思います。



大前提を忘れないで

私は産み分けの前提に

「100%確実な方法はない。希望通りになればラッキーと思え。」

と考えています。

実際にこのタイミング法だって、ちゃんとした研究とその成果は実証されてはいないのです。

ブログや口コミなどで、一般の方が

「これで産み分け出来ました~」

とかアピールしているだけのことで、信ぴょう性は一切ないと思っています。

ここで書いている体験談も私個人のもので、すべての人に当てはまる方法なんていう魔法の産み分け法なんていうのは存在しません。

でも、それじゃあ心のよりどころがないんですよね。

みなさん、そんなこと百も承知だと思います。それでも、何かにすがってでも産み分けを試してみたい。

そう思うからこうやって検索して、希望を見つけているんだと思います。

産み分けに挑戦するのは悪いことじゃない

私は産み分けに挑戦することは決して悪いとは思いません。確かに倫理的にはどうなのかと言われれば何とも言えませんが、産み分けを希望する親の気持ちがよくわかるからです。

  • 周囲からのプレッシャー
  • 上の子たちとの関連
  • 自分の憧れ

様々な背景を持って、産み分けを希望している人がほとんどです。

なので、もやもや悩んでいるくらいなら、産み分けに挑戦してもう一人作ってみたらいいと私は思います。

そのお手伝いのつもりでこのブログをはじめました。

確実ではないけれど挑戦してみたい、そう思ってくれる人がこのブログを見てくれるといいなと思います。
そして、どうか希望が叶うことを心から祈っています。

また産み分けについての知識を紹介していきますね。読んでくれてありがとうございました(^^)