妊活や産み分けの必需品、妊娠検査薬。

使ったことがある人ならわかると思いますが、あれって安くないんですよね。
私は妊活最初の頃、ドラッグストアで購入していましたが、毎回高いな~と思いながら購入していました。

そして対面で購入するのも、

「この人子供作るんだ」

と思われていそうなのが嫌でしたね。

そんなときにネットで探していたら、海外製の安い排卵検査薬キットを見つけたんです。

今回は海外製の排卵検査薬について書いてみたいと思います。

海外製はちゃんと検査できるのか⁉

海外と聞くとこの品質が気になるところですよね。

では排卵検査薬のしくみから理解していきましょう。

排卵検査薬のしくみ

排卵検査薬は、女性が排卵近くなるとLHと呼ばれるホルモンが多く分泌され、急激にその量が上昇することで、排卵が誘発されます。そのLHの増加をLHサージと呼び、このLHサージをとらえて排卵を予測するのが排卵検査薬ということになります。

ただ排卵検査薬は、そのLHの量を測るものではありません。

反応するLHの量があらかじめ決まっており、(25とか50だったりする)その量に達したときに反応を示すように出来ているんです。

反応するLHの値の違い

上で排卵検査薬によって反応するLHの値が違うと書きましたが、ここが結構、排卵検査薬選びに重要なポイントでもあるのです。

例えば有名なこちらの排卵検査薬。
30mIU/mlとなっています。つまり、30のところまで増えたら反応するということ。

それに対し、海外製のこの製品は25mIU/mlとなっています。
f:id:tbbokumetu:20180121161302j:plain

30と25どっちがいいのかというと、25の方がLHサージを早期にとらえられているため、排卵をより早く知る事が出来るんです。ですので、海外検査薬も国内製と同程度、あるいはさらに優れているといえるんです!

ちなみに私も海外製の排卵検査薬を使用し、妊活の末、妊娠することが出来ました。コスパ抜群なので、1日に2、3回と検査が出来て、排卵予測をより詳細に出来たのが良かったと思っています。

海外製の排卵検査薬はどこで買える⁉

実は海外製の排卵検査薬は楽天やAmazonでは取り扱っていません。専門のこうのとり検査薬というサイトで購入することができるんです。

詳しくはこちらのサイトを見てみて下さい↓
こうのとり検査薬.NET-注文数20万件超え海外妊娠排卵検査薬人気店

今では半永久的に使用できる排卵検査薬がある⁉

いつ妊娠できるか分からないのに、排卵検査薬を買い続けるなんてもったいない・・・そう思う人におすすめなのが、

唾液で検査が出来る排卵チェッカー。

なんと繰り返し使用できるため、一度購入するだけで、お金がかからないため、コスパは最強なんです。ただ、判定は自分の目で見て自分が判定しなければならないため、慣れるまでちょっと大変ですが、コスパを優先するなら、こんな検査薬もいかがですか⁉

サイトで詳細が見れますよ。

まとめ

妊活や産み分けをする場合、排卵日を正確に知ることが何よりも重要です。ここがずれてしまうと、さまざまな方法を試してもすべて無駄になってしまうことだってあるのです。

なので、自分に合った排卵検査薬を選び、毎日コツコツと続けていきましょう。

www.xn--08jxe538irffy1lzx4a.com
www.xn--08jxe538irffy1lzx4a.com